箱根大平台あすか

周辺の観光

箱根登山鉄道
写真
大正8年(1919年)に開通した日本で唯一の本格的な山岳鉄道。小田原~強羅間(標高差約527メートル)を結ぶ、人気の高い名物鉄道。春には桜が、6月中旬~7月中旬にはあじさいが車窓を鮮やかに彩ります。
サン=テグジュベリ
星の王子さまミュージアム
写真
園内では「星の王子さま」の作者が過ごした南仏の町並みなどを再現しています。ミュージアムと言うより、あたかもプロヴァンスの街並みを歩いているような気分になれる、おとぎの国の世界を体験できます。あなたにとって、なにか大切なことを発見できるかも。
箱根ガラスの森
写真
欧風庭園に貴族の別荘を思わせる館が4棟点在し、ヴェネチアン・グラス美術館・ガラス芸術など、見るものを悠久の世界へと誘います。あなたの精神的な「憩(いこ)いのひととき」となることでしょう。
あじさいの小経
写真
宿の小経(こみち)を抜けると、登山電車と紫陽花(あじさい)の花をまじかに見ることが出来ます。6月中旬~7月中旬には一万株もの紫陽花が訪れた人を魅了します。
大文字焼き
写真
毎年8月16日の19時30分から明星ヶ岳で行われる大文字焼き。送り火を背景に、仕掛花火なども打ち上げられ、とても華やかな催しです。一度ご覧になってはいかがでしょうか?
箱根旧街道ハイキングコース
写真
往時(おうじ)の旅人を偲(しの)び、石畳の道を歩く、約3時間のハイキング。毎日の生活で弱っている足腰を鍛えましょう(?)。
箱根湯本駅→奥湯本→七曲り坂→旧街道石畳→元箱根などといったコースがあります。
ポーラ美術館
写真
ピカソの数々の作品をナマで見られる、国内でも有数の美術館。ピカソ以外にもルノアール、モネ、藤田嗣治・・・といった美術史上でも有名な画家たちの絵画が収蔵されています。
ラリック美術館
ラリック美術館
20世紀フランスを代表する装飾美術工芸家ルネ・ラリック。彼が手がけた宝飾やガラス工芸作品1500点を所蔵する美術館。ミュージアムにはその中から選りすぐられた230点を展示。花や虫など自然界のモチーフを取り入れた作品、香水瓶や花器が整然と並んでいる。



おすすめシーズン
3月 3月中旬ころから、玄関前の桜が見事に咲きます。
6月 あじさい祭
7~9月 緑が眩しい季節。避暑地として最適です。
10~11月 紅葉がすばらしい季節です。
12月~2月 雪をいただいた霊峰富士を眺めるのに最適のシーズンです。






トップページ温泉と館内施設と料金交通案内周辺の観光

Copyrights All Reserved.